台風被害にあってしまったら! 台風被害にあってしまったら! 火災保険を有効活用して、現状に戻せる! 火災保険を有効活用して、現状に戻せる!

「火災保険で家が直せる!」と言われても、いまいちイメージが沸かない方のほうが多いのではないでしょうか。
しかし、火災保険を適切に使用することで住宅工事が実質0円で行えるということは間違いではないのです。

なぜ火災保険で家の現状回復が出来るのか?

”家の原状回復は火災保険”この法則をご理解頂くためには、まず火災保険のことを知る必要があります。
火災保険と言えば、賃貸契約を交わしたり家を建てるときに加入を迫られて、「そうそう火事にはならないと思うけど…」「必要ないのに…」と思いながら渋々契約した人も多いのではないでしょうか。
ところが火災保険を上手く利用することで、屋根・外壁・雨どい・カーポート・ベランダ・軒天などの原状回復を自己負担0円で出来る可能性があると聞いたら同じことは言えないでしょう。
通常でしたら多額の出費となる住宅の原状回復が無料で出来るとなれば黙ってはいられませんね。
保険適用には一定の条件があり場合によっては対象外とされることもありますが、今回は知って得する火災保険の真実をお伝えします!
火災保険はその名称のせいで火事のときにしか使えない保険だと思われがちです。車両保険は車を直すもの、生命保険は生命に関わるリスクを補償するものですから、そう思ってしまうのも当然のことでしょう。しかしそれは大きな間違いだったのです。
火災保険には多くの補償が用意されています。
火災をはじめとし爆発・破裂・落雷、さらに風災・雪災・雹災や水災などの自然災害から様々な事故まで幅広い災害に適用されます。
なんとなくで保険契約を交わされた方もご自身の契約内容を確認したくなったことでしょう。
火災保険は住宅に関わる様々な自然災害・事故による損害を補償する保険です。

火災保険を有効活用して、現状に戻せる! 火災保険を有効活用して、現状に戻せる!

※東京海上日動パンフレットより

被害は放置してはいけない!

損害を放っておいたが故に発生した二次被害は、実は火災保険の唯一の弱点である”経年劣化”に繋がります。
経年劣化とは、自然な使用・時間の消耗による損害であり、予期せぬ災害・事故から家を守る火災保険では補償の対象外となるのです。
損害は放っておけば放っておくほど劣化が進み、自然災害との関連性が低くなってしまいます。そうなると自然と保険も下りづらくなり、災害による損害であったはずなのに経年劣化と判断されてしまうケースも有り得ます。
本来であれば、保険金を利用して0円工事ができたものが全額自己負担となる未来を避けるためにも、申請は出来るだけ早めに行う必要があります。
例えば台風が通過したとき、集中豪雨に見舞われたとき、家に妙な違和感を感じたときはすぐに点検を行い、損害箇所に対して保険の申請を行いましょう。


保険と工事知識のある業者に被害の調査を依頼しましょう!

保険金請求は一般の方でも出来ますが、何の知識も持たずして申請をしても適切な金額はもらえないことがほとんどです。保険申請の際は専門業者に依頼しましょう。 何故専門業者が必要なのかというと、火災保険を申請するにあたってまずは被害状況を保険会社に伝えなければいけません。そのためには被害状況などを詳しく記した書類、損害箇所の写真、第三者による工事見積もり書などが必要になります。これらの資料が適切でなければ、損害に見合った保険金を受け取ることが出来ないのです。

CASE1被災状況が伝わらず保険対象外にされる

火災保険は自然災害や突発的な事故しか補償を受けることが出来ません。
しかし損害の原因が自然災害によるものか、経年劣化であるのかという判断は非常に難しいのです。
そのため保険会社にきちんと被災状況を伝えなければ、経年劣化として保険適用外と判断されることがあります。
一度保険会社に判断を受ければ、それを覆すことはほぼ出来ないと言って良いでしょう。
はじめから知識のある専門業者に調査してもらい、保険会社にしっかりとした被災状況を伝えることが適切な保険金を受け取る一番の近道です。

CASE2破損箇所が把握しきれず請求漏れが起きてしまう

台風で雨どいが曲がっているのに気づいたあなたは火災保険を申請しようと思います。
しかしちょっと待ってください。台風による被害を受けているのであれば、建物の他の箇所にも損害を受けている可能性があります。
実際に屋根などの確認しにくい箇所は状態が分からず、保険の請求漏れが起きていることが多々あります。
請求漏れがあったとしても、恐らく保険会社から派遣された鑑定人は言われた箇所しか調べないでしょう。
鑑定人は保険金を支払う保険会社側の立場であるため当然のことです。
請求漏れをなくすためには専門の調査業者に隅々まで調べてもらいましょう。

保険会社としては保険金は損失となります。
もちろん正当な審査はされるでしょうが、あちらにとって不利になることはわざわざ言わないでしょう。
前提として保険会社は「あまり保険金を支払いたくない」、加入者は「保険金がほしい」という立場があるからこそ、第三者の専門業者の介入が必要なのです。
専門業者は保険申請のノウハウや建築の目から損害に対して適正な見積もりをだし、保険会社に認められて正当なお金を加入者におろします。
複雑な立場である保険会社と加入者の間にあるお金の流れを潤滑に回す。そのためには保険と工事の知識を併せ持つ専門業者は必要不可欠なのです。

caution
悪徳業者に注意!

火災保険の申請は専門知識を持った調査業者に任せるのが一番、という事態を逆手にとったのか、残念なことにこの業界には悪徳業者がはびこっています。 損保会社や消費者センターからも絶えず注意喚起が促されており、我々も頭を抱えています。 悪徳業者は言葉巧みにお客様を騙し、調査の際にわざと屋根を壊して保険申請をしたり、保険会社に対して嘘をついて保険金をおろそうとします。 もちろん保険会社の鑑定人も怪しみますが、万が一嘘の申告で保険金が下りてしまったらそれは保険金サギにあたります。 そうなれば保険契約者であるあなたも罪に問われ、運良く立件を免れても保険会社のブラックリストに載り、その後の申請にも影響が出てしまうでしょう。 火災保険を利用するのは家に損害を抱えて悩まれている方が多いというのに、そこに付け入ってお金を掠め取るとは酷い話です。 火災保険を正当に使用するためには専門業者の見極めが最も重要になります。

掛川スズキ塗装にお任せください

掛川スズキ塗装にお任せください 掛川スズキ塗装にお任せください
火災保険を有効活用して、現状に戻せる! 火災保険を有効活用して、現状に戻せる!
お気軽にご相談ください!