工場床塗装

工場床塗装は、場所の使用条件に合わせた施工が重要!工場床塗装は、場所の使用条件に合わせた施工が重要!

床塗装の目的は「躯体コンクリートを守る」ことにあります。
床を傷める要因は、歩行や車輌の走行による摩耗、落下物による破損、薬品による腐食等があげられ、その様々な要因から「躯体コンクリートを守る」コーティングとして床塗装があります。

床塗装で主に使われる塗料は、エポキシ樹脂、ウレタン樹脂、アクリル樹脂です。

塗料の選定には、塗料の選定には、

  • 機械的強度(耐荷重性、耐摩耗性、耐衝撃性)
  • 化学的特性(耐水性、耐薬品性、耐熱性、耐候性)
  • 居住性(歩行感、美観性)

などを考慮します。

鈴木社長の写真

+

それに加えて

鈴木社長の写真

下記のポイントに優先順位をつけ、ライフサイクルコストとのバランスも考慮し選定します。下記のポイントに優先順位をつけ、ライフサイクルコストとのバランスも考慮し選定します。

  • 塗装の目的(衛生面の強化、ヒビ補修や改修)
  • 塗装場所の使用条件(精密機械、研究、使用薬品、火気や熱湯の有無、食品、 冷蔵室など)
  • 接地荷重と頻度(車輪に接している単位面積あたりの荷重と走行頻度)
エポキシ樹脂
  • 耐熱性、接着性、耐薬品性、機械的性能に優れ化学工場などへの塗装に適している
  • 耐摩耗性、耐久性にも優れている(フォークリフトの走行にも耐える)
  • 耐水性があり、酸素を通さないので腐食予防に優れる。
  • 電気絶縁性にすぐれた特性をもつ
  • 靭性(じんせい)、つまり粘り度が小さいので、塗膜に柔らか味がない
  • 紫外線に弱く、長時間さらされると白く変色して劣化する
  • 耐候性・低温硬化性( 5℃以下)に弱い
ウレタン樹脂
  • 弾性があり硬化した後の塗膜もやわらかいので、建物に動きがかかってもヒビ割れしにくい塗膜となる
  • 耐薬品性に富み工場など汚染されやすい地域に適している
  • 素材に対し密着性が非常に高い塗料で扱いやすく施工性が良い
  • 素地の表面を樹脂で覆うので、傷に強く素地が侵されにくい傾向がある為、次回のメンテナンスが楽
  • 優れた強度と耐久性に富んだ床材で衝撃による割れ、剥がれが起こりにくい
  • 重量物の運搬、設置にも長時間耐えることが可能
  • 光沢保持率が低く、経年により光沢の減少速度が早い傾向がある
  • 汚れが付着しやすい
  • 高湿度の環境では発砲しやすく施工時に要注意
アクリル樹脂溶剤系
  • 滑らかな高光沢、発色が良い
  • 施工性が高く、軽作業所、軽歩行通路、機械室、電気室にも最適
  • コンクリートへの付着性に優れる
  • 浸透性が高いため、湿気を通しやすく湿気が室内に溜まりやすくなるので、湿気が多い環境の建物にはオススメ出来ません。
オススメ!ハードライン引き
ライン引きの写真

工場内での整理・整頓やエリア分け、路面での駐車スペースの整理と区画割りなどにもハードライン引きがお勧めです。

施工事例紹介施工事例紹介

事例①N様工場(磐田市西貝塚):エポキシ樹脂塗装

施工前の写真
施工前
施工後の写真
施工後
下地処理(研磨処理)
下地処理(欠損部処理)
プライマー塗装(下塗り)
塗装1回目
塗装2回目
部分補修
完了

事例②つま恋(掛川市):アクリル樹脂系塗装

施工前の写真
施工前
施工後の写真
施工後
施工前
床面下処理_油面撤去_ライナックス研磨施工
床面 脱脂処理_シンナー拭き
床面 塗装
壁面 塗装
施工後

事例③中日本航空静岡ヘリポート:アクリルウレタン樹脂塗装

施工前の写真
施工前
施工後の写真
施工後
土間下地処理
プライマー塗布
パテ処理
上塗り塗装
フィルム貼り