増税後も8%で工事ができる方法

ご存知ですか?2019年10月後もリフォーム工事が 8%で出来る方法が有ります!ご存知ですか?2019年10月後もリフォーム工事が 8%で出来る方法が有ります!

2019年10月1日から消費税10%が適用される見込みです。

私たちの生活にも影響してきます。

住宅などのリフォーム工事は、高額商品のため、
税率引き上げに伴う、消費者の負担と資金計画にも大きな影響を及ぼします。

増税前はこんな現象が起こりました

2014年4月の5%から8%に引き上げられる際にはこんな現象が全国で起こりました。

  • 工事があまりにも集中してしまい、資材不足となり工事遅延と雨の影響で終わったのが増税後となってしまった。

  • 人手不足により業界全体に手抜き工事が多発してしまった。

  • 高額リフォーム業者が増え、消費者に多大な損害を与えた。

経過処置適用期間を上手く使いましょう。経過処置適用期間を上手く使いましょう。

増税前平成31年3月31日以前に建築・工事等の請負契約を行っている場合には、経過措置が適用され、10月1日以降の引き渡しでも消費税は、8%が適応されます。

増税の6ヶ月前までに請負契約を締結すれば増税前の税率が適用!

請負契約の締結期限

平成31年3月31日までに請負契約締結で

平成31年10月1日以降引き渡しでも消費税8%適用

平成31年3月31日までに請負契約締結で平成31年3月31日までに請負契約締結で
8%で工事をお考えの方は、3月25日迄にお問い合わせ下さい!8%で工事をお考えの方は、3月25日迄にお問い合わせ下さい!

お気軽にご相談ください!