インスペクション

工場床塗装は、場所の使用条件に合わせた施工が重要!工場床塗装は、場所の使用条件に合わせた施工が重要!

インスペクションとは、国土交通大臣の講習を修了した住宅の設計・施工に詳しい建築士(既存住宅状況調査技術者)が、既存建物(中古住宅)の劣化や不具合について現状調査を実施する事です。

調査項目

構造耐力上主要な部分

基礎、土台及び床組、床、柱及び梁、外壁及び軒裏、バルコニー、内壁、小屋組、天井、その他(蟻害、腐朽、腐食)

雨水の浸入を防止する部分

外壁、軒裏、バルコニー、内壁、天井、小屋組、屋根

調査部位ごとの劣化事象や、欠損の有無、補修すべき箇所、その時期などを客観的目線で検査し、その結果を依頼主に報告します。
依頼主は、現在の既存建物(中古住宅)が、どのような状態になっているのかを正しく把握することができます。

調査の様子

どんな目的で改正されたの?

日本の中古住宅の流通が伸びない大きな要因に「建物の見えないところに不具合や欠陥がないか」という「質に対する消費者の不安」があります。このネックを打開して中古住宅の流通を活性化させるために、宅建業法が改正されました。
その柱は「不動産取引のプロである宅建事業者が、専門家によるインスペクションの活用を促すことにより、売主・買主の双方が安心して取引できる市場環境を整備」することにあります。
また、インスペクションを行う事により建物の安全性が証明され不動産取引の際の価値の向上にもつながる事となります。

いつ行うの?

中古住宅の購入時、販売時
メリット

不動産の購入を希望した者が「インスペクション」を活用することで、購入後の「建物の瑕疵によるトラブル」を未然に防ぐことが期待されています。
調査結果を活用した不動産の購入の是非の検討をはじめ、不動産を購入した場合、既存住宅の購入後に必要となるリフォームなどの修繕工事を事前に把握し、不動産の購入資金の計画にリフォーム資金を加えることや、不動産の取得後の長期的な修繕計画のための資金計画などを立てることができます。
売主としてのメリットは、住宅の品質が良いことを証明できた場合、築年数に左右されず、適正価格で販売できます。現状は物件の質よりも築年数で評価される市場になっていますが、それが改善されて正しく維持管理そしてメンテナンスができていたかどうかが基準になります。

リフォーム工事前
メリット

現在の「住まい」の状況が、どのような状態になっているのかを正しく把握することで住宅の現状を正しく判断し、住宅の老朽化(劣化)を最も効果的に防止する工事の選択を行うことが可能になり、長期的な住宅の維持コストを安価に抑えることができます。
工事の着手前に工事業者と「インスペクションの結果」をもとに工事の打合せを行うことで住まいの老朽化(劣化)対策に効果的で、経済的なリフォームを行なうことが可能になります。

インスペクションの現地調査から書類作成まで。60,000円からインスペクションの現地調査から書類作成まで。60,000円から

正確なメンテナンス(リフォーム)をするために
インスペクションを受けましょう。

正しく維持管理されている物件は資産価値が上がるのです。

掛川スズキ塗装には
インスペクションの出来る建築士が在籍しています。

既存住宅状況調査技術者登録証