1分でわかる業者選び

業者の選び方

10年に1度の塗替えリフォーム工事を信用のない業者に頼めますか?

私もそうですが高い買い物をするときには慎重になってしまいます。
家電量販店、ホームセンター、ハウスメーカー、リフォーム店など今やリフォーム工事をしてくれる会社さんは星の数ほど有ります。
しかしながら、いざ工事が始まれば結局は下請け業者に地元の塗装屋さんがやって来て塗装工事をする。
運が良ければ良い塗装屋さんに当たりうる事があるかもしれません…
どうせ外壁塗装を頼むなら、ブランド力だけではなく、会社の大小は関係なく、地元での信用と実績、実際に仕事をしてくれる職人さんの技術でお願いすることが成功の秘訣ではないでしょうか。


「建設業許可」県知事許可書を持っている業者ですか?

県知事許可書

「建設業許可」とは、建設業法に基づき、一定の要件が認められ建設業者に与えられる許可です。
本来、建設業法によれば、建設工事を請け負うすべての業者が建設業許可を受けなければなりません。
「建設業許可」が取れるということは、建設業経験、施工能力、資金信用等について、一定の資質が認められたことになります。
工事を行う際には許可を得ている業者を選ぶことをお薦めします。


見積もりをしてくれる業者さんは塗装の一級技能士を持っていますか?

一級技能士

見積もりをしてくれる会社の社長さんが、一級技能士を取得しているのは当たり前のことですが、一番重視したいことは、実際に現場で作業する職人さんたちが一級塗装技能士を取得しているかが肝心です。
大切なお宅を、無免許の素人のような職人さんたちに塗られたら、どうでしょうか?
塗装クレームはそのような無資格業者が引き起こすことがほとんどです。
いくら長年の塗装歴があろうと、塗料は日々進歩しています。
やはり大切なお家は、有資格者に施工してもらうことが、一番重要ではないでしょうか。


会社の所在地と事務所の確認をしましたか?

会社の所在地と事務所の確認

塗装業界のほとんどが、事務所や店舗を持っていません。
そのために施工不良のクレームが多発しても、対応してもらえないケースもよく相談を受けます。
見積もりを依頼する会社が、
地元に根を下ろして仕事を真面目にしているか? 地元に密着しているか? 責任能力があるか? あなたの目で判断してください。
(掛川スズキ塗装のOB客様のほとんどが、弊社が本当に存在するのか?どんな会社か?確認のうえ、ご契約してくださる方が多いです。)


地元での施工現場を見たことはありますか?

施工現場

外壁リフォーム工事は、誰が塗っても最初はキレイに見えますが、2年後、3年後、5年後くらいから、その工事で失敗してしまったか。
しっかり施工してもらえたか。目に見えてわかってきます。
見積もり時には、ご近所で施工した物件を最低10軒は案内してもらい、施工後の状態を見せてもらいましょう。


自社施工をしている会社さんですか?

自社施工

自社での施工にこだわっている業者さんですか?
責任感が大切です!
仕事だけ受注し、後は丸投げする!その時は協力会社かもしれませんが、毎回工事を安くやらされたら、その業者さんたちは1年後には離れていってしまいます。
無責任な工事ほど怖いものはありません。
安く工事を任せられたら、手抜き工事をして利益を出すしかないんです。
そんな施工体制の会社が一番危険です。


契約を急がせる業者ですか?

契約を急がせる業者

時々、クーリングオフ(契約後8日)以内の期間中に、足場を架設してしまう業者がいますが、違法なのでご注意を。
8日以内なら、どんな理由があろうとも解約できることを知っておいてください。


損害保険に入っているか確認してください。

損害保険

工事中に足場が倒れ、瓦を割ってしまった。
近隣の車にペンキを飛ばしてしまった。
そんな時にどんな対応をしてもらえるか。どんな損害契約をしているか、確認してください。
塗替え中にご近隣さんとトラブルになるケースも多いようです。
意外と損害保険に入っていない業者が多いですから、要確認を。


リフォーム瑕疵(かし)保険に加入しているか?

リフォーム瑕疵(かし)保険

「リフォーム瑕疵保険」とは、国土交通省が推奨している建築保険のことです。
本当に正しい工事がなされているか、第三者の(1級建築士・2級建築士・施工管理技士)検査員が、適正に工事がなされているかを合否いたします。
※漏水などが発生した場合に、使用して修復できる保険のことです。もしも施工してくれた業者が倒産してしまって、不具合が生じてしまっても、保険からお金が出るので安心です。そのために保険会社は加盟会社の内容を十分に熟知した上で、加盟の許可を出すシステムとなっております。

業者の選び方